ホーム > お金 > 初心者向けのFX

初心者向けのFX

よくある初心者向けのFXの本では、「損失が生じたケースではナンピン買いしてポジションの価格を抑える事ができる」等と助言されていますが正直ここには危険性があります。

 

とりあえず、ナンピン買いの理屈について易しく説明しておきます。

 

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。

 

$買いなので円安ドル高になるほど黒字を得られますが、1ドル=95円まで円高・ドル安方向に触れたとします。

 

この状況で保持し続けたとしたら、プラスになるためにはドル安になった分、円安ドル高が進まなければなりません。

 

皆さん、マイナスは出来るだけ早く無くしたいと願うでしょう。

 

この状況を変えるため最初に取引したのと同じ分の$(ドル)を取引します。

 

これで、平均の単価は97円50銭まで安くする事が出来ます。

 

つまり、2.50円の幅でドル高に向えば損失を回復できます。

 

これが、ナンピンの原理です。

 

このように、ナンピン買いの原理を知ると「なるほど」と考えるが、相場は易々と思った通りにはなりません。

 

もとより、1ドル95円が下値だということなど誰にもわからないのである。

 

マーケットが強い円高ドル安トレンドであれば、95円では収まることなく、一段の円高ドル安が加速する確率が高いです。

 

一例として、97.50円でナンピン買いをした場合に1ドル95円までドル安に向ったらナンピンを入れたポジションも、為替差損が生まれてしまいます。

 

そういう状況では一番初めにエントリーしたドルと一緒に、より大きな損が生まれます。

 

この通り、ナンピン買いは厄介です。

 

それならば、相場が自身の脚本とは逆向きにさっと進んでしまった場合どういう手法で危険を管理すればいいのでしょうか。

 

こういう場合には取るべき対策は2つだけあります。

 

まずひとつめは潔く、損切りをする事です。

 

もうひとつの選択肢としてはその段階で、持っているポジションを縮小することによって、再度相場がリカバリするのを大人しく待機する事だけです。

 

だいぶ弱腰の手段だとみる投資家もいるだろう。

 

しかしながら、買いポジションに損失が生まれた時、一番妥当な手法はそれ以外にはあるはずがありません。

 

確かに、理屈の上ではナンピンという術もありえます。

 

だがしかしナンピン買いは、自身が損失を出しているのに、買いポジションを無くすどころか、逆にポジションを積んでいく方法である。

 

この対策では、危険性を削減することなど、どう頑張ってもできないと考えるべきです。

 

ナンピン買いを続けられればその内儲けが出るかもしれません。

 

だがしかし、そうなる先に資金はショートしてしまうだろう。

 


関連記事

  1. カラーリングとヘアカット

    ずっと前からカラーをすることになりますが、どんどん髪の毛の新しく伸びた分だけが黒...

  2. ニオイがキツかった

    昔は汗かきなところもありニオイがキツかったです。腋毛は昔は濃くて太かったと思いま...

  3. ホテル予約に便利

    家族で東京観光行ってきました。秋葉原、浅草、東京スカイツリー、東京ドーム、六本木...

  4. 初心者向けのFX

    よくある初心者向けのFXの本では、「損失が生じたケースではナンピン買いしてポジシ...